Azure Functions CLIを使用してVisual Studioなどからローカルで開発・デバッグすることができるようになりました。